イクジー48

こどもと一緒に成長してゆくブログ。

【 食レポコラム 】大門 とんかつ檍(あおき) | 豚も人間も、脂のうまい奴ほど味がある。そういうひとに私はなりたい。

f:id:okaka877:20181030175234p:plain

 

昼飯抜きのロングミーティングほど憂鬱なものはない。

 

14時半。

ようやく打ち合わせを終えた俺たち四人は閉店30分前のとんかつ檍(あおき)の行列に並び、ギリギリ滑りこむ。

行列に並びながら、「どんなトンカツなんですか?」と仕事仲間に聞かれたので「渡部が通ってるくらい美味い店だよ」とすごく雑な説明をすると、みんなのテンションがあがる。

ま、そのくらいシンプルな説明の方が話は伝わるって典型だな。

 

で、ようやく店にはいるとテーブル席に着席し、乾杯してからカツをつまむ。

ここのカツは毎度のことながら脂の旨さが半端ない。

サクサクの衣と厚みのある肉の一体感。

歯で噛み切ると口の中に一瞬にして広がるその旨味と肉汁に、ガツンとやられ脳みそが震える。

それらを十分口の中で味わいながら一気にビールで流し込む。

ビールの苦みで甘くなった舌を洗いながす。

 

「うまーい!」

みんなが声をあげてパクつくのを見てさらにニヤニヤする。

そうそう、うまいんだよ、ここのカツはさ。

 

f:id:okaka877:20181030174100j:plain

素材の豚肉は林SPF。筋繊維間の脂肪が多く、そのため加熱してもジューシーで柔らかい。


 

 

塩は四種。

ボリビア岩塩、アンデスの紅塩。

ペルー岩塩、インカ天日塩。

モンゴル岩塩、太古からの贈り物。

そしてパキスタン ヒマラヤ岩塩、ナマック。

好みは分かれるが、個人的にはボリビアの紅塩推し。

これが一番、脂の旨味を引き出す。

 

「通はトンカツを塩で食べる」なんて20年前に目黒のとんきで先輩に講釈たれられたとき「けっ、トンカツはソースだろ、このトンカツ痛め」と心の中で毒づいたもんだが、時の流れはひとの味覚をも変える。

だからあえて君たちにも教えておこう。

「通はトンカツを塩で食べるんだよ!」

 

f:id:okaka877:20181030174323p:plain

 

でも、やっぱりガッツリとソースで食べたくなるのも人情だ。

だから結局半分はソースで食べる。

すると思う。

「やっぱトンカツはソースに限るぜ!」

そうそう、好きに食えばいいんだよ、トンカツなんてさ。

有名店だろうがなんだろうが気取って食うもんじゃない。

 

そしてゴロゴロ大根が自慢の具沢山な豚汁をすすりながら、シメの飯に向かう。

 

シメはやっぱり、ソースキャベツのせご飯。

これしかないだろ?

シャキシャキのキャベツの千切りにトンカツソースをぶちまけて、茶碗の上にのっけて食べる。

キャベツのシャキシャキ感とご飯のもっちり感が奏でる食感のハーモニー。

米とキャベツの甘みがソースに絡み、かすかに感じる肉の脂身の香りが鼻に抜ける。

極上のシメご飯とはこのことだ。

 

あー、食った食った。

今日も幸せ!

ごちそうさまでしたー!

 

f:id:okaka877:20181030174202j:plain

これで1,500円は本当にやすい!

(記事中で紹介したアンデスの紅塩はこちらになります。画像をクリックするとAmazonの購入ページに移行します。) 

アンデスの紅塩